アドセンス申請前に気をつけるべきポイントとは?

アドセンス

グーグルアドセンスに一発合格!しかも…

今回は「審査が厳しい」と噂のグーグルアドセンスについて。申請はこのブログではなく、「審査用のブログ」を別に作成して臨みました。[adsense]

審査に一発合格!しかも申請後3日で返事が!

アフィリエイトは3年前から始めてますが、アドセンスはまだ1か月くらいなんです。

グーグルアドセンスという存在を知ってから色々調べましたが、「審査が厳しい」とか「結果が出るのに3週間かかった」とか、知識もスキルもないオバサンにとっては萎える情報ばかりでなかなか申請するまでに至りませんでした^^;

でもまあ、アフィリエイトでもそこそこ成果が出てきてるし、ダメもとで申請してみようと思ってから、「アドセンス 審査」で出てくる上位5サイトくらいを熟読しました!笑

そして審査用のサイトを作成し、申請してから3日後…なんと一発合格!!

一発で合格したのもビックリですが、3日で「おめでとうございます!」のメールが届いたことに驚きすぎて変な声が出ました(笑)どのサイトを見ても「審査には時間がかかる」と書いてあったので、全然メールチェックしてなかったし。

実は、Amazonアソシエイトには3回申請していまだに通っていないので、かなり自信がありませんでした。アドセンスに合格してから意気揚々と3回目の申請を出したんですが、その日のうちに「申し訳ありませんが」と不合格のメールを受け取りました。私にはAmazonさんの方が鬼門のようです( ;∀;)

とりあえず言えることは、「検索上位サイトの言うことは聞け」ってことですかね?笑

私のアドセンス対策を公開!

なんだかすごそうなタイトルをつけちゃいましたが、全然大したことないです。

私がアドセンスに申請を出したサイトの特徴として

  • 普通の日記ブログにしない(ハウツー系にした)
  • 記事数は17記事(申請後も毎日更新)
  • 文字数は1記事1000文字以上
  • 著作権フリーの画像を使用(1記事3枚程度)
  • サイト説明とお問い合わせを明記
  • アフィリエイトバナーは未設置
  • ランキングバナーも未設置
  • グーグルアナリティクスに登録
  • グーグルサーチコンソールに登録
  • スマホでちゃんと表示されるかチェック

ざっとこんな感じ。

上記の通りにやったからといって絶対に大丈夫という保証はできませんが、私はこれくらいで3日で一発合格を勝ち取りました!

アドセンスについて記載している上位サイトさんでも、上記はやっておこうと説明しているところが多いので、最低でもこれくらいはやっておいたほうがいいのかもしれませんね。

「普通の日記ブログにしない」というのは、「審査に通りにくい」と書かれていたので、前から興味があったハウツー系サイトにしたんですが、日記ブログが絶対にダメなのかどうかは分かりません。

日記系でもタメになる情報や自分の考えがキッチリ書かれていれば大丈夫かもしれないし、その辺は「日記系ブログでも大丈夫だったよ!」と掲載しているサイトを探していただくのが早いと思います。

あと「グーグルアナリティクス」「グーグルサーチコンソール」への登録はやっておいた方が良いですね。審査が早かったのはコレのおかげなんじゃないかと思ってます。

サイト自体はワードプレスのデザインを使っていてそんなに作り込んでないですし、プライバシーポリシーも広告配信できるようになってから設置しました。

どんなサイトにするかはあなた次第

アドセンスの運用をするにあたって、どんなサイトが向いているのかってすごく悩みました。

審査のために作ったサイトですが、せっかくなら長く続けていきたいですし、たくさんの人に利用してもらえたらやっぱり嬉しいですからね^^

最近流行りのトレンドサイトも考えましたが、「引用」とか多くなりそうだし、何より競合サイトが多いのがネックかな~と。なので、私はある程度自分の言葉で書ける内容があって、かつ競合サイトが少ないジャンルに挑戦してみました。

日頃から「こういう情報がネットで探せたらいいな~」とか、「けっこう需要はありそうなのに、情報を供給するサイトが少ないな」と思っていたジャンルだったので、比較的ラクに始めることが出来ました。

結果として徐々にPVも伸びていって成果も上がっているので、私の判断は間違ってなかったと実感してます!

とはいえ人それぞれ得意なジャンルや価値観がありますから、私のやり方が「絶対」ではないです。トレンド系が得意ならそれでもいいし、日記系でも面白ければ読者は増えますしね。どうしても決められない場合は、アフィリエイトやアドセンスを利用している方のサイト・ブログをたくさん見ているうちに良いアイデアが浮かぶかもしれませんよ^^

 

コメント