グーグルアドセンスの審査に一発合格!登録申請前に気をつけるべきポイントとは?

ブログにグーグルアドセンスを導入したい!

アフィリエイトやブログで収入を得たいなら、念のため様々なアプローチができるようにしておきたい。ということで、今回はグーグルアドセンスに登録申請を出してみることにしました。

でも、軽くTwitterや検索で調べてみたところ「審査が厳しい」「何回も挑戦してるけどダメ」なんて言葉がちらほら…。

アフィリエイトどころかパソコンの知識もままならない私には「アドセンス」という壁は高すぎるんじゃないか?と一瞬のためらいはありましたが、「やってみなけりゃ始まらない」ということで入念なリサーチをしてから挑むことにしました。

審査に一発合格!しかも登録申請後3日で返事が!

グーグルアドセンス

私がまず始めたのが「アドセンス 審査」で検索して出てくる上位10サイトくらいを熟読することでした。

時間があれば1ページ目は全部目を通すくらいやっておくと安心ですが、「そんなの面倒!」って人はとりあえず上位5サイトくらいはチェックしてみましょう。

読み比べていくと「合格するコツ」でいくつか被っている内容があるはずなので、そこは絶対ハズさないようにすることが大事です。

ちなみに、アメーバブログはてなブログといった無料で利用できるブログサービスではアドセンスを利用できないので注意しましょう。※はてなブログはPro(有料)であればOK

十分にリサーチをしてから独自ドメインを取得・審査用のサイトをワードプレスで作成し、グーグルアドセンスへ登録申請。この時点では1~2回の不合格は覚悟していました。

しかし、申請してから3日後…なんと一発で合格通知が!!

アドセンス合格通知

一発で合格したのもビックリですが、申請後たった3日で「おめでとうございます!」のメールが届いたことに驚きすぎて変な声が出ました(笑)どのサイトを見ても「審査には時間がかかる」と書いてあったので、全然メールチェックしてなかったし^^;

実は、Amazonアソシエイトには2回申請して通っていなかったので、かなり自信がありませんでした。でもアドセンスに合格したから「これはいけるんじゃ?」と思い、意気揚々と3回目の申請を出しましたがその日のうちに「申し訳ありませんが」と不合格のメールが。。

私にはAmazonさんの方が鬼門のようです( ;∀;)

私が実践したアドセンス対策を大公開!

上位サイトをリサーチして得た情報から「これは必要だな」と思うコツをいくつか実践したので、アドセンスに挑戦したいけど何をすればいいか分からないという方は参考にしてください^^

  • 普通の日記ブログにしない
  • 記事数は17記事(申請後も毎日更新)
  • 申請はサイト作成から約3週間後・PVは1日1桁
  • 文字数は1記事1000文字以上
  • 著作権フリーの画像を使用(1記事3枚程度)
  • サイト説明とお問い合わせを明記
  • アフィリエイトバナーは未設置
  • ランキングバナーも未設置
  • グーグルアナリティクスに登録
  • グーグルサーチコンソールに登録
  • スマホでちゃんと表示されるかチェック

普通の日記ブログにしない

一般的な日記ブログよりもユーザーに有益な情報が掲載されているほうが審査に通りやすいようだったので、私は占い系の情報サイトを作成しました。

もともと興味があったし、ネットや書籍で情報収集しやすいので記事作成はサクサク進みました^^

日記系が絶対ダメというわけではありませんが、同じように日常生活をネタにするのであれば「今日はこんなことがありました~」という記事よりも「子どもと楽しめるお出かけスポット5選」とか「プレママさんにおすすめの育児本BEST5」みたいな記事のほうが通りやすいかもしれないですね。

記事数は17記事(申請後も毎日更新)

だいたいどのサイトも記事数は多い方がいいと書いてあって、平均10記事くらいで登録申請を出す人が多い印象でした。

私はなんとなく10記事では心配だったので20記事を目標に執筆しましたが、17記事作成したところで「試しに申請してみちゃおうかな」とチャレンジ⇒合格という感じでしたw

あと、可能であればアドセンスに登録申請を出してからも毎日更新したほうがいいですね。ちなみに私は申請後、1日1~2記事作成してました^^

申請はサイト作成から約3週間後・PVは1日1桁

最初の記事をアップしてからアドセンスに申請するまでだいたい3週間くらいでした。事前にしっかりリサーチしていたので、3週間くらいでそこそこ完成度の高いサイトになったかな?と。

PVは1日5~9くらい。2桁いかない状態だったので無理かな~と心配だったけど、そこは問題なかったみたいですね^^

文字数は1記事1000文字以上

文字数は1000文字くらいあったほうがいいという情報が多かったので、最低でも1000文字は超えるように執筆しました。

興味のあるネタやジャンルであれば1000文字なんてあっという間に書けるはずなので、ここはそんなに難しくないかな~と思います。

著作権フリーの画像を使用(1記事3枚程度)

いくつかのサイトで「画像は使わない方がいい」とあったんですが、デザイン的に文字だけでは面白みがなかったので、私はフリー画像を1記事に3枚くらい貼ってました。

著作権フリーの画像が検索できるサイト例

私は上記サイトの画像を使用していましたが、心配な方は申請が通るまでは画像なしで執筆してみるのもアリだと思います。

サイト説明とお問い合わせを明記

  • どんなサイトか詳細が確認できること
  • サイト運営者とすぐに連絡が取れる状態であること

が重要なので、TOPページから「このサイトについて」と「お問い合わせ(問い合わせフォーム)」がすぐ確認できるようにしておきました。

個人ブログであれば、サイト説明は「プロフィール」になりますね。この項目はほとんどのサイトで「登録申請に必要」と書かれていたので作成しておいた方がいいでしょう。

アフィリエイトバナーは未設置

私が調べた時はバナーがあると審査が通りにくいという意見とバナーがあっても問題ないという意見が半々でした。

今回はアドセンス申請用に新しく作成したサイトだったので、アフィリエイトのバナーは設置せずに申請しました。

ランキングバナーも未設置

ブログ村やブログランキングなどのバナーも設置しないほうがいいという情報があったので、最初はPVを稼ぐために登録しておこうかと思いましたがやめましたw

グーグルアナリティクス・サーチコンソールに登録

これは絶対やっておいたほうがいいです。調べたサイトのほとんどに「絶対やっておくべし」とありましたし、上記2つに登録しておいたおかげで審査結果の連絡が早かったんじゃないかと思ってます。

Googleアナリティクス

Google Search Console

スマホでちゃんと表示されるかチェック

パソコンで作業していると忘れがちですが、サイトやブログがスマホでちゃんと表示されるかどうかも大事なポイントになります。

私はアドセンスの登録申請をしてからチェックしていないことに気づいて確認したところ、エラーが出て表示されていなかったので大急ぎで修正しました^^;

アドセンス登録申請前にやらなかったこと

上記とは逆に、申請前に手をつけなかったことはこちら

  • サイトのテーマやデザインの変更
  • プライバシーポリシーの設置

サイトのデザインはワードプレスで最初から使える無料のテーマのままで、プライバシーポリシーは合格の連絡が来てから設置しました。

上記はすべて2017年11月時点の情報なので、いまは変更になっている部分もあるかもしれません。

まとめ

この記事の通りにやったからといって絶対に大丈夫という保証はできませんが、私はこんな感じで一発合格を勝ち取りました!

たいした知識のない私でもアドセンサーになれたんだから、ちゃんとリサーチをすれば初心者でも大丈夫ですよ^^

一度審査に合格すれば、別のサイトやブログに広告を貼ることもできるので、まずは申請用のサイトを作成してみることをおすすめします♬

コメント