【TWD】ウォーキング・デッド【シーズン4】第6話あらすじ&ネタバレ

ウォーキングデッド全話まとめ

ウォーキング・デッド シーズン4 第6話:葬られた過去

(回想シーン)逆らったウッドベリーの住人を皆殺しにしたガバナー。部下のマルティネスたちを車に乗せて走り去る。

夜、たき火の前でぼんやりしているガバナーに、1体のウォーカーが迫る。 マルティネスが頭を撃ち抜き事なきを得る。

次の日、ガバナーが目覚めるとマルティネスたちは消えていた。ガバナーは放置されていたトレーラーを運転し、ウッドベリーへ。 家に火をつけ、ウォーカーが徘徊する街を見つめる。

それから数か月、ガバナーは一人で生き延びていた。疲れ果て、倒れたガバナーは建物の窓から見つめる少女に気付く。部屋に行くと、一人の少女と二人の女性がいた。


部屋に入れてもらったガバナーは、一晩だけ泊めて欲しいと頼む。女性(タラ)は自分は警官だと名乗り、家族に危害を加えたら殺すと忠告する。女性二人は姉妹で、父親と姉の娘の4人で隠れ住んでいた。名前を聞かれたガバナーはブライアンと名乗る。

ガバナーが部屋で缶詰を食べているところに、女性が食事を運んでくる。皿を受け取るが、窓から捨て缶詰を食べ続ける。

姉妹の所へ皿を戻しに行くと、姉妹の父親をベッドへ運ぶのを手伝わされ、父親から孫娘のためにボードゲームを取ってきてほしいと依頼される。

ボードゲームを探しに行くと、バスルームから物音が。ガバナーはバスタブの中のウォーカーにとどめを刺し、銃を回収する。

ボードゲームを姉妹の父親に渡し部屋に戻ったガバナーは家族写真を取り出し見つめていた。

次の朝、姉のリリーがガバナーに銃を返そうとするが受け取らず、ウォーカーから回収した銃を見せる。そしてウォーカーを撃つ時は頭を狙うように忠告する。リリーは近くの老人ホームから酸素ボンベを摂ってきてほしいと依頼する。

老人ホームに向かったガバナーはウォーカーに囲まれるが、なんとか酸素ボンベを確保して脱出する。姉妹の家に戻ったガバナーは、リリーに老人ホームで負った傷を治療してもらう。リリーの娘(メーガン)は、ガバナーに眼帯のことを聞く。自分は海賊だと言うガバナーに笑顔を見せるメーガン。本当は愛する人を守ろうとしてケガをしたのだと説明するガバナー。

数日後、メーガンにチェスを教えるガバナー。ヒゲを剃り、以前の姿に戻っていた。寝室では姉妹が父親の看病をするが、すでに虫の息だった。

メーガンはキングの駒にアイパッチを書き足す。微笑みあう二人。そこへリリーが現れ、ガバナーとメーガンも寝室へ。

姉妹の父親は息を引き取っていた。別れを惜しんでいたその時、父親が転化しタラに襲い掛かる。ガバナーは咄嗟に酸素ボンベで父親の頭を殴り潰す。

ガバナーが父親の遺体を葬り部屋へ戻った時、一部始終を見ていたメーガンはガバナーを怖がり避ける。その夜、ガバナーは家族写真を燃やし、リリーに出て行くと告げる。一緒に連れて行って欲しいと頼むリリー。

翌日、トラックに乗り出発するガバナーたち。水辺で休憩するが、メーガンはガバナーを警戒し近寄らない。その夜、リリーとガバナーは結ばれる。

翌朝トラックが動かなくなり、ガバナーたちは荷物を持って歩き出す。タラが転んで足をくじいてしまったその時、ウォーカーの群れが現れる。恐怖で動けなくなるメーガン。ガバナーの呼ぶ声に反応し、彼の腕に飛び込む。

森へ入り逃げ続けていると、ガバナーがメーガンを抱きかかえたまま落とし穴に落ちてしまう。穴の中にいたウォーカーを倒し、何があってもメーガンを守ると誓い強く抱きしめるガバナー。

その時、穴の上から何者かの声が。そこにはガバナーを残して去った部下のマルティネスがいた。


誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

ウォーキングデッド観るならどれがいい?【VOD】動画配信サービス比較
【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。        月額料金  933円(税抜)  500円(税抜)  1...
【シーズン4】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

コメント