NARUTOが歌舞伎に!個人的にはワンピースよりアリだと思う^^

世界観は近いものがあるのでは?

来年の8月に漫画「NARUTO」が新橋演舞場で上映されることが分かりました。ワンピースはちょっと違和感があったけど、NARUTOならアリでは?

人気漫画「NARUTO-ナルト-」が新作歌舞伎として、来年8月の東京・新橋演舞場で上演されることが18日、分かった。坂東巳之助(28)中村隼人(23)の出演が決まり、スーパー歌舞伎2「ワンピース」に続く大ヒットを目指す。

岸本斉史氏の人気漫画「NARUTO-ナルト-」は1999年から14年に週刊少年ジャンプで連載された。落ちこぼれ忍者うずまきナルトの成長や、ライバルうちはサスケとの友情などを描く忍者バトルアクション物語で、発行部数は国内でシリーズ累計1億4000万部、海外でも8000万部を超えている。

引用:NARUTO歌舞伎化、ワンピースに続くヒット狙う

ワンピースもかなり人気があったとのことなので、忍者モノで歌舞伎の世界により近いNARUTOはもっと話題になるのでは?と期待しちゃいますね^^

特に自来也とカンクロウは歌舞伎の世界でも全く違和感ないと思います!笑

ちなみにネットのコメントでは

「以前、歌舞伎の現状の危機感についての報道を見たけど、こういう一見ミスマッチな取り組みも、100年先に繋がる可能性を秘めているから、何でもチャレンジしたら良いと思う。今古典として演じられている演目も、初演時には当時の流行を追ったもので、そういう姿勢が今の伝統に繋がっていると。だから、今未来につなげるために色々な事をしているんだそうだ。インド歌舞伎や、初音ミクなんかもそういう取り組みの一貫なのかな?って思ってる。」

「ワンピースは海賊だったから世界観が歌舞伎とミスマッチ感が凄かったけど、独特で面白かった。NARUTOなら世界観も歌舞伎と合致してるし、ナルト自身、化粧をして写真も撮ったことあるから、そういう意味でも楽しみです!」

「ジライヤとか傀儡とか仙人モードとか、もともとナルト自体、歌舞伎要素満載だったから
ベストマッチするだろうな。」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20171119-00056394-nksports-ent

というように、私同様「アリじゃない?」と考える方も少なくないみたいですね^^

歌舞伎というと、なんとなく「敷居が高い」「難しい」というイメージを抱いてしまって、私自身実際に観に行ったことがないのですが、こういったアニメや漫画を題材にすることで「私でも楽しめるかも?」って気持ちになります。

日本の伝統芸能である歌舞伎に若者や海外の方にも興味を持ってもらえるのは良いことだと思うので、ケガに気をつけて頑張って欲しいです^^

コメント