僕らは奇跡でできている:第1話ネタバレ感想

僕らは奇跡でできている:第1話あらすじ

相河一輝(高橋一生)は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師。
陶芸家でもある祖父の相河義高(田中泯)に見守られて育ち、今は住み込みの家政婦・山田妙子(戸田恵子)と暮らしている。

半年前、かつて師事した鮫島瞬教授(小林薫)のすすめで講師になったが、大好きな生き物の研究に没頭する一方で、それ以外のことにはとことん無頓着な一輝。
人の話を聞かなかったり、空気を読むことができなかったりして、悪気なく失言してしまうことも少なくない。

さらに、職場のルールを守ることができず、事務長の熊野久志(阿南健治)には日々叱られ、同じ研究室の樫野木聡(要潤)や沼袋順平(児嶋一哉)からも変わり者扱いされていた。

そんなある日、不得意なものは先送りにするという悪い癖がたたり、歯の痛みが我慢できなくなった一輝は、鮫島の紹介で歯科クリニックを受診する。
そこで出会った水本育実(榮倉奈々)は、容姿端麗で若くして院長を務める、まさに才色兼備なエリート。年下でオシャレな歯科衛生士の丹沢あかり(トリンドル玲奈)もうらやむような人生を送っていた。

早速、来院した一輝の診療にあたる育実だったが、やがて、一方的に話したり、診察の時間を守らない一輝の態度にいら立ちを隠せなくなり、ついに「常識っていうものがないんですか?」とキツイ一言を浴びせてしまう。

一方、大学では、一輝の講義を受けている新庄龍太郎(西畑大吾)や青山琴音(矢作穂香)、尾崎桜(北香那)、須田巧(広田亮平)ら学生たちが、一輝の出した“一風変わった課題”に頭を悩ませていて……。

公式サイト:https://www.ktv.jp/bokura/story/01.html

第1話の感想

大笑いまではいかないけれど、クスっと笑えて癒されるドラマですね^^

公式サイトにも「コミカル・ハートフルドラマ」とあるので、コメディやラブロマンスというよりも、ほんわか温かい気持ちにさせてくれる癒し系の要素が多いと感じました。

高橋一生さんの飄々とした雰囲気がまたイイ😁💕

実際にああいう人が周りにいたらイラっとしそうですが(笑)、羨ましいくらいのマイペースにほっこりしました(^^♪

ここ最近は連ドラというとウォーキング・デッドくらいしかまともに観ていなかったので、こういう心温まるドラマもたまにはいいかも♪

ドキドキするような展開はなさそうだけど、ほのぼのしたい・癒されたい人にはおすすめです💛

コメント