[日テレ]獣になれない私たち:第1話ネタバレ感想

獣になれない私たち:第1話あらすじ

住宅街にあるクラフトビールバー「5tap」…そこに2組の男女が来店していた。
一方は、ECサイトの制作会社に勤める深海晶(新垣結衣)と、大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)のカップル。
京谷は、自分の母親が「恋人の晶にとても会いたがっている」と話しているが、
晶は他のことに気を取られて聞いていないように見える…。
もう一方は、バーから徒歩3分の場所に公認会計士・税理士事務所を構える根元恒星(松田龍平)橘呉羽(菊地凛子)のカップル。

呉羽が唐突に「私、結婚した!」と告げて薬指のリングを見せたことに、驚く恒星。
呉羽はそんな恒星のことは気にせず、シャンパンがわりに結婚祝いのビールを開けさせ、「5tap」店内にいる客たちに振る舞いはじめる。
晶と京谷もその乾杯の輪に加わり、4人は偶然にも一緒に呉羽の結婚を祝うことになった。
バーの店主・タクラマカン斎藤(松尾貴史)が「恒星と呉羽は付き合ってたんじゃなかったの?」と質問すると、呉羽は「お互いに大して好きじゃなかったから」と笑った。
隣にいる恒星は呉羽の発言に肯定も否定もしないが、晶はその言葉の意味が気になっていた。
実は晶には、京谷との間に抱えた「ある大きな問題」があったのだ…。
二人の間でその問題はずっと棚上げにされていて、京谷が晶のアパートに泊まった夜も、なんの話もできないまま…。

翌朝、目覚めた晶。出勤前から始まる、社長の九十九(山内圭哉)からの仕事の連絡に悩まされる。
満員電車に揺られている間もひっきりなしにかかる電話…
誰よりも早く出社した晶は、始業前に九十九の指令と同僚からの頼みごとを一気に片付ける。
この会社では一事が万事この調子で、全ての負担が晶にかかっていた。
いつものように疲れ果てて、帰路につく晶。駅からの帰り道にある5tapにいつものように立ち寄ると、恒星が先に飲んでいるのに出くわした。
お互いこの店の常連なものの、これまで話しかけたことがなかった晶だが、思い切って声をかけると…。

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/kemonare/story/1.html

第1話の感想

とりあえず第1話の総評は『晶の職場がブラックで彼氏がクソ』でしょうか。

社員の管理もロクにできないけど口は達者な社長&1ミリも仕事ができない社員がいる会社でよく文句も言わずに働けるな~と。

とにかく胸糞悪かったですね。またみなさん演技が上手だから、ホントに殴ったろかと思うくらいイライラさせてもらいました(笑)

ずーっとイライラしながら観ていたので、最後に晶が社長に「私の業務内容の改善要求です!」って書類を突きつけたところでスカッとしました🌟

あれがなかったら、イライラするから次週も観たいって思わなかったかもな~と^^

あと、彼氏がヤバい。

イケメンだし母親もフレンドリーで問題なさそうに見えたのに、なんと別れた元カノと一緒に暮らしてる、しかも晶と付き合い始めてから4年以上も!?

なぜそんな男と別れないのか、ドラマを観ている時は不思議で仕方なかったけど、観終わって考えてみると、晶は親と縁を切っているから「独りになりたくない」ということなのかな~と。

頼れる人が誰もいなくてあんなクソみたいな職場で働いていたら、一人くらい自分の味方が欲しい、愛されたいって思ってしまうのかもしれませんね。

それに、今後の展開で晶の彼氏が「元カノを突き放せない理由」が明らかになるかもしれないし。

初回では恒星と晶はまだまだ「知人」レベルだったので、これからどんな関係になっていくのか気になりますね!

とりあえず、会社で強気の姿勢を見せた晶がどうなるのか、次週が楽しみです♪

コメント