妻より先に死にたい夫と未亡人ライフをエンジョイしたい妻

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「俺より先に死ぬな」は嘘?

先日、朝丘雪路さんが亡くなって、旦那様である津川雅彦さんが

「俺より先に死んでくれたことに感謝」

的なことをインタビューで仰っていました。

妻に先立たれたほうがありがたいと思う夫の方が多いのかな?と思っていたら、今日のネットニュースでこんな記事を発見。

「妻より先に死にたい」男性の8割 一方、妻の思いは

女性よりも男性の方が、配偶者より先に死にたいと考える人が多い――。こんな意識調査を日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団(大阪市)がまとめた。「自分が先に」と答えたのは男性は78%、女性50%と大きな差がみられた。

緩和ケアや死生観などについて聞く調査で、インターネット上で昨年12月、20~70代の計1千人に実施した。今回は既婚者694人に「自分が先に死にたいか、後に死にたいか」も尋ねた。男性ではどの年齢層でも「自分が先に」が多かった。女性は50代までは男性と同様に「自分が先に」が多かったが、60代以上で逆転。「自分が後に」が多くなり、70代では67%を占めた。

「自分が先に」と答えた435人にその理由を聞くと、男女とも「パートナーを失う悲しみに耐えられない」が最多。「死ぬときにそばにいて欲しい」「パートナーがいないと生活が難しい」が続いた。上位三つを選んだ割合は、男性のほうが高かった。一方で「葬儀や墓について考えたくない」や「パートナーの介護をしたくない」を選んだ割合は女性に多く、男性より10ポイント以上高かった。

「自分が後に」を選んだ259人に理由を聞くと、男女ともに6割が「パートナーの最期をみとってあげたい」を挙げた。「パートナーの生活が心配」は男性で3割、女性5割だった。

理想の死に方を全体に尋ねると、心臓病などでの「突然死」は8割が望み、病気などで徐々に弱る「ゆっくり死」は2割だった。一方、大切な人の死の場合は、ゆっくり死が4割に増え、20代では過半数を占め、年代ごとに開きがあった。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000018-asahi-soci

夫の理由「死ぬときにそばにいて欲しい」に対し、妻側の理由が

「葬儀や墓について考えたくない」

「パートナーの介護をしたくない」

って…やっぱり女性の方が現実的なんですね(笑)

自分だったらどうかな~?

介護するのもされるのも嫌だし、夫側の親類との関係とか…なんか考えると面倒かもw

今はまだお互い元気だから現実味がないけど、あと10年もすれば五十路。その頃には答えが出るかもしれないですね^^








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする