ウォーキングデッド【シーズン7】第7話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




ウォーキング・デッド シーズン7:第7話「規律と罰則」

ミショーンは燃え尽きたマットレスを見つめていた。口笛を吹きながら歩いていると、音につられてウォーカーが現れる。倒したウォーカーを引きずりどこかへ運ぶミショーン。

リックとアーロンは物資調達のために遠出していた。目が覚めて外へ出た二人は何かを発見する。

ジーザスとカールが隠れているトラックは、ニーガンの元へ向かっていた。目印を残してトラックから飛び降りるジーザス。カールはそのまま荷台に残る。

目的地に到着し、積み荷を降ろすニーガンの部下に向かって銃を乱射する。 笑みを浮かべながら近づくニーガンに銃を向けるが、ドワイトに取り押さえられてしまう。

心配そうにカールを見つめるダリル。ニーガンはカールを建物内へ連れて行く。

弾丸を作るために町を出ようとするロジータとユージーン。そこへスペンサーとゲイブリエルが現れる。救世主への貢ぎ物ではないと言うロジータに、物資を渡すべきだと主張するスペンサー。

ニーガンはカールに跪く住人たちを見せつけ、美しく着飾った彼の妻たちの元へ連れて行く。ドワイトの元妻シェリーに別の妻・アンバーと部下のマークが過ちを犯したことを聞き出す。

そこへドワイトがダリルを連れて来る。運んできた食事をカールに持たせて部屋を出るニーガン。

スペンサーとゲイブリエルは二人で物資調達へ。リックのせいで自分の家族は死んだ、彼を追い出すべきだと言うスペンサー。ゲイブリエルは、「今の発言で罪にはならないが、君はクソ野郎だ」と言い放ち車を降りる。

スペンサーは一人で森に入り、木の上にいるウォーカーの足元にクロスボウを発見する。

別室に連れて行かれたカール。右目の包帯を取るよう命令される。目の傷を見てあざ笑うニーガンに、悔し涙を浮かべるカール。

続いて「歌を歌え」と命令し、歌うカールの脇でルシールを振り回す。歌い終わると、「アイロンの準備ができる頃だ」とニーガン。

住人たちに囲まれ椅子に拘束されているマーク。ニーガンは熱したアイロンをマークの顔に押し付ける。

森の中でウォーカーからクロスボウを奪取するスペンサー。落下したウォーカーのポケットからメモを発見する。

ロジータとユージーンは鋳造所へ。弾丸の製造を渋りだすユージーンを言いくるめるロジータ。

人気のない階段で話すシェリーとドワイト。アンバーたちのことを話したシェリーを気遣うドワイト。しかし、シェリーはそっけない態度のままその場を後にする。

ニーガンはカールを送り届けるとダリルに告げる。トラックの上にはジーザスが。「彼に何かしたら…」と言うダリル。ニーガンはドワイトにダリルを閉じ込めておくよう命令する。

独房に監禁されるダリル。物音に気付き耳を澄ますと、扉の下からメモが。メモには「今だ。行け。」と書かれていた。

一人の女性が道に積まれたウォーカーの死体で立ち往生していた。調べようとする女性に刀を突きつけ、「ニーガンのところへ連れて行け」と脅すミショーン。

アレクサンドリアに到着したニーガンは、リックの家を物色する。そして、部屋にいたジュディスを発見してしまう。

リックとアーロンは物資がありそうな場所を発見する。しかし、そこへたどり着くには大量のウォーカーがいる水場を通らなければならない。

町の前まで戻ってきたロジータとユージーン。そこへスペンサーも戻ってくる。メモには物資の隠し場所が示されていて、大量の缶詰を入手していた。町の門が開くと、目の前にはニーガンたちの車が。

リックの家のポーチでカールとくつろぐニーガン。ジュディスをあやしながら「やっぱりお前たちを殺すべきかもしれない」と笑う。


誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...
【シーズン7】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする