ウォーキングデッド【シーズン7】第3話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




ウォーキング・デッド シーズン7:第3話「囚われて」

救世主の人質となったダリルは、全裸で監禁されていた。音楽を大音量で流され、食事はドッグフードを挟んだパンのみ。ダリルの世話をするドワイト。

数日後、ドワイトはダリルに服を着せて医務室へ連れて行く。

医務室にはドワイトの妻・シェリーが妊娠の検査に来ていた。シェリーはダリルに「従った方がいい」とアドバイスをするが、ドワイトは「口をきくな」と諫める。

ニーガンと話すドワイト。そこへ無線が入り、ドワイトはダリルのバイクで町の外へ向かう。

ダリルは食事を運んだ男がドアにカギをかけなかった事に気付き、脱出を試みる。通路でシェリーに「戻れるうちに戻った方がいい」と言われるが、ダリルは聞く耳を持たない。

バイク置き場にたどり着くが、ニーガンと部下たちに囲まれる。「お前は誰だ?」とニーガンが問うと、部下たちは口々に「ニーガン」と答えた。ニーガンは逃げようとしたダリルにルシールで殴りかかるが、微動だにしないダリルを褒めその場を去る。ダリルは残った部下たちから袋叩きにされる。

ドワイトは物資を盗んで逃げだした友人を発見する。男は説得するが、ドワイトは聞かず背後から発砲。町へ戻ったドワイトはシェリーと話す。「(今の状況は)死ぬよりマシだ」とお互いに無表情で語り合う。

ドワイトの持ってきたパンを拒絶するダリル。罵声を浴びせ、グレンの遺体が映った写真を壁に貼って出て行く。ダリルは耐え切れず泣き出してしまう。

翌朝、ニーガンの元へ連れて行かれるダリル。「ドワイトは一度裏切ったが、戻ってきて幹部になった。お前もそうなるだろう」と笑うニーガン。

ドワイトは見せしめとしてシェリーを殺そうとしたニーガンに「代わりに自分を殺してくれ」と頼み、またシェリーはドワイトの命を救うためニーガンと結婚していた。命は助かったが、顔の半分を焼かれたのだとダリルに話すニーガン。

そして、「お前は誰だ?」とダリルに問う。

ダリルはしっかりとした口調で「ダリルだ」と答える。

薄暗い部屋へ戻されるダリル。なぜニーガンに屈しないのかと責めるドワイトに、「お前の気持ちはわかる。人のためだろ?」と返す。

ドワイトは建物の外へ。ウォーカーになった友人を一瞥し、その場を立ち去る。


誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...
【シーズン7】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする