【TWD】ウォーキング・デッド【シーズン6】第13話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




ウォーキングデッド シーズン6 第13話:張り詰めた糸

サイレンが遠くで鳴り響く中、キャロルとマギーは救世主のメンバーに拉致される。無線でリックと交渉する女(ポーラ)。

車に乗り込み、仲間と連絡を取り合うポーラ。どこかの建物まで連れていかれ、家畜処理室に監禁されるキャロルとマギー。恐怖からか、過呼吸になるキャロル。

キャロルに腕を撃たれた男性がリックとの取引に応じるようポーラに進言するが拒否される。キャロルに「何が怖いの?」と問うポーラ。自分はどうなってもいいからマギーは助けてほしいと懇願するキャロル。

腕を撃たれた男を案じて、リックとの取引を勧めるマギー。男はキャロルを殺すと息巻くが、ポーラに諭される。

ポーラの仲間に別室へ連れていかれ、尋問されるマギー。リックからの無線に応答するポーラ。リックは再度人質交換を要求するが、ポーラは一方的に無線を切る。

救世主の仲間を吹き飛ばしたのは自己防衛のためだったと説明するキャロル。彼らはニーガンの部下だと名乗った、自分たちは凶暴な男を止めようとしただけだと言うキャロルに、ポーラの仲間の女は「私たち全員ニーガンだ」と言う。

キャロルに昔話をするポーラ。こちらに従わなければ死ぬのはあなたよ、と告げるキャロル。

リックに無線で連絡をするポーラ。人質交換に応じると伝え無線を切るが、信用できないと怪しむ。仲間と連絡を取り、部屋から出ていくポーラたち。

隙を見て拘束を解き、マギーを助けに行くキャロル。逃げようと言うが、このままにしておけないとマギー。転化した男にポーラの仲間を襲わせ、殺して銃を奪う。

逃げようと言うキャロルに、ポーラたちを探して始末すると言うマギー。キャロルは二人を追いかけてきたポーラに銃を向けるが、「逃げて」と言う。

ポーラを探しに来たもう一人の女とマギーがもみ合いになり、腹部を切りつけられる。女はナイフを振りかざすが、キャロルに頭を撃ち抜かれる。

再びポーラに銃を向けるキャロル。「こんなことが出来るのに何を恐れていたの?」と問われ、「こうなることよ」と答える。もみ合いになり、ポーラをパイプに突き刺す。

ポーラの仲間からの無線に応答するキャロル。マギーとキャロルは彼らを処置室におびき寄せ、まとめて焼き殺す。

建物を出ると、リックたちが待ち構えていた。マギーたちの無事を確認すると、リックは人質の男にすべて話せと詰め寄る。

ニーガンの居場所を聞くリックに、「俺もニーガンだ」と答える男。リックは至近距離から男を撃つ。キャロルはうつろな瞳でロザリオを握りしめていた。


誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...
【シーズン6】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする