【TWD】ウォーキング・デッド【シーズン5】第13話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




ウォーキング・デッド シーズン5 第13話:偽りの笑顔

サシャは部屋に飾られている写真を見つめる。翌日、銃を保管している部屋で、物資を管理するオリビアと話す。

「ブタの足で生ハムを作る」と話すオリビアに呆れ顔で返事をするサシャ。そして町を出て、写真立てを的にして射撃の練習をする。周囲を気にしながら銃を連射し、「来なさい」と呟き何かを待つサシャ。
———————————-
銃を隠した民家の前で密会するリック・ダリル・キャロル。銃を奪い、主導権を握る件について話し合う。民家のそばにはウォーカーが倒れており、その額には「W」と彫ってあった。

町へ戻り、ミショーンと話すリック。仲間割れが狙いかもしれないというリックに、「ディアナは賢い」と言うミショーン。

ダリルは森で何者かの気配を察知する。出てきたのはアーロンだった。ウサギ狩りだと言うアーロンを怪しむダリル。

リックはディアナに警備を増やすべきだと助言する。町の中で武器は持たせないと拒むディアナ。そして、いずれは政府をつくりコミュニティを発展させると言う。

そこへサシャが現れ、監視塔で警備をしたいと申し出る。監視塔には誰もいない、息子のスペンサーがたまに行くだけだとディアナ。リックが警備を配置するべきだと言うと、サシャは自分が出来るだけ警備にあたると訴える。ディアナは条件として自宅で行う歓迎会に参加するように、と告げる。

町の女性たちと談笑するキャロル。通りかかったリックの後を追い、銃を奪還する計画を話す。

馬を発見し、捕獲しようとするダリルとアーロン。しかしウォーカーの群れが現れ応戦している間に逃げられてしまう。

キャロルは物資保管室へ行き、住民の隙をついて窓の鍵を開ける。

アーロンは「町になじむためにもパーティ(歓迎会)へ参加すべきだ」とダリルに助言する。
しかしダリルは何も答えない。

リックたちは歓迎会に参加する。ディアナの夫と話していると、ジェシー一家が現れる。

その頃、ダリルとアーロンは馬を追っていた。ようやく追いつくが、ウォーカーが現れ馬を囲み食べてしまう。町へ戻ったダリルはディアナ宅の前まで行くが、そのまま引き返す。アーロンから声をかけられ、夕食に招待されるダリル。

ジェシーと話すリック。住人やリックの仲間たちが談笑する姿を見て、いい眺めだと言うジェシー。リックもまたロンたちと楽しそうにしているカールを見て、いい眺めだと呟く。

ジェシーの息子・サムがやってきて、「クッキーがない」と言う。「友達にクッキー作りの名人がいる」というリック。サムは「スタンプがない。」と言い、リックの手に「A」のスタンプを押す。サシャも遅れてディアナの家へ。息子のスペンサーが出迎える。

アーロンたちと食事をするダリル。食後、ガレージへ案内される。そこには組み立て途中のバイクが。アーロンはダリルをスカウトの仕事に勧誘し、それを了承するダリル。

剣の形をしたピックを見つめるミショーン。刀を使わない生活に慣れろと言うエイブラハム。

キャロルはパーティ会場を抜け出し、物資保管室へ侵入する。銃を盗み出そうとした時、サムが現れる。サムを脅し口止めをするキャロル。

ジュディスをあやすジェシー。リックはコミュニティを「いいところだ」と言う。ジェシーからジュディスを受け取る時、さりげなくキスをするリック。

サシャは過去の出来事がフラッシュバックし、話しかけてきた住人に怒鳴ってしまう。翌日、ゲートの前でディアナと話すサシャ。「これは現実じゃない」というサシャに、「その意見は馬鹿げてる」と返すディアナ。

再び密会するリックたち。キャロルは入手した銃を渡そうとするが、ダリルは受け取らない。ミショーンは家の壁に刀を飾る。

町へ戻ったリックはジェシー夫婦と挨拶を交わす。彼らを見送りながら背中に忍ばせた銃に手をかける。何かに気付き、壁に向かうリック。町の外で壁を叩くウォーカー。リックは壁に耳を当てる。


誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...
【シーズン5】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする