【TWD】ウォーキング・デッド【シーズン5】第9話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




ウォーキング・デッド シーズン5 第9話:弔いの帰郷

仲間を埋葬し、祈りをささげるリックたち。自分の故郷は壁に囲まれ安全だとノア。「ベスも行きたがってた」と聞いたリックは、仲間たちとノアの故郷バージニアへ向かうことにする。


無線で連絡を取り合うリックとキャロル。リックはタイリース・ミショーン・グレン・ノアと一緒にバージニアの町へ。

人質交換はうまくいっていた、ベスの死は別の問題だと言うノアに、「起こるべくして起こったことだ」と答えるタイリース。ノアは町に残してきた母親と双子の兄弟を心配する。

町の近くまできたところで、リックたちは車をおりて歩いていく。 森の中にはワイヤーが張り巡らされていた。リックたちはノアの故郷「シャイアウィルト団地」に到着。「狙撃手はいるか?」と見張りを警戒するが、誰もいないようだった。

団地の入口へきたノアは大きな門を叩く。しかし、中から反応はない。壁によじ登って町を見渡したグレンは、無言でノアを見つめる。

リックたちは町へ入るが、そこは廃墟と化していた。座り込み泣き出すノア。リックは無線でキャロルに「町は消滅した」と伝える。

ノアをタイリースにまかせ、リックたちは物資調達に向かう。リックはグレンに町へ来たのは間違いだったと思うか聞く。「ベスが撃たれ、ドーンは不本意だと言う顔をしたが彼女を殺したいと思った。もしベスが死んでなくても殺したかったのかもしれない」とリック。

ノアを慰めるタイリース。立ち上がり、突然走り出すノア。タイリースはノアを追いかける。

「マギーと再会したが、ベスが死んで整理がつかなかった。しかし今なら立ち止まらない」と言うグレン。ミショーンはこの町にとどまろうと言い出す。

走り出したノアは自分の家まで来ていた。タイリースと二人で中へ。リビングで母親の死体を発見し、布をかけるノア。

別の部屋では男の子(ノアの弟?)がベッドに横たわっていた。タイリースが壁に掛けられた双子の写真を見ていると、男の子が現れタイリースの腕に噛みつく。急いでリックたちを呼びに行くノア。

タイリースの目の前に、死んだはずのマーティンが現れる。驚いていると、今度はボブやリジ―、ミカが語りかけてくる。リジ―とミカは「これでいい」とほほ笑み、ガバナーはタイリースを責めたてる。

近づいてきたガバナーがウォーカーに変わり、子供に噛まれた腕を盾にしてウォーカーを倒すタイリース。一軒家のイラストに血が滴っている。

町で暮らそうとリックたちを説得するミショーン。壁があって安全だと力説するが、町の外には死体が転がり、森に続く門や壁は朽ち果てていた。

気が変わりここにとどまったらあの死体のようになるだけだ、ワシントンへ向かおうと言い出すミショーン。その意見にリックも賛成する。その時、どこからかノアの叫び声が聞こえてきた。

ウォーカーに襲われているノアを助けるリックたち。仲間たちはタイリースのもとへ急ぐ。

動くはずのないラジオからはベスの歌声が。ギターを抱えて弾き語りをするベス。部屋の中には相変わらず死んだはずの者たちがいた。

ガバナーに責められるタイリースは、「終わりじゃない、諦めない」と答える。リジ―とミカが優しく手を取るが、実際はリックたちがかけつけタイリースの腕を切り落とすところだった。

襲ってくるウォーカーを倒しながら町を脱出するリックたち。瀕死のタイリースを抱え、なんとか車に乗り込む。

タイリースにはラジオのニュースが聞こえていた。「切ってくれ」と言う彼の目の前には、ほほ笑むベス・ボブ・リジ―とミカ。

車を停め、外へ出てくるリックたち。タイリースは息を引き取っていた。

ゲイブリエルが聖書を読み、タイリースを弔う仲間たち。憔悴した表情のサシャ。墓に立てられた十字架には、タイリースの帽子がかけられていた。


誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...
【シーズン5】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする