【TWD】ウォーキング・デッド【シーズン4】第8話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




ウォーキング・デッド シーズン4 第8話:最後の決戦

キャンプのメンバーの前で演説をするガバナー。「安全な場所がある」と、リックたちが住む刑務所の話をする。ミショーンとハーシェルを捕え、交渉に使うと語るガバナー。


ガバナーの熱弁に刑務所襲撃を了承する仲間たち。しかしリリーはガバナーの決定に困惑する。

捕らわれたハーシェルはガバナーに何をするのかと聞く。復讐ではない、大切な人を守るために刑務所が必要だとガバナー。ハーシェルは共存を提案するが、ガバナーは拒否する。

ガバナーはリリーたちを川のほとりへ連れて行き、ここなら安全だと言う。それならここに住めばいいとリリー。泥遊びをするメーガンのもとへ行き、ハグをするガバナー。

刑務所では体調が回復したグレンとマギーが談笑していた。リックはキャロルを追放したことをダリルに話す。タイリースには話していないと言うリック、「言うしかない」とダリル。

ボブのもとを訪れ、命を救ってくれたお礼を伝えるサシャ。礼ならハーシェルに言えとボブ。それでもサシャは「感謝している」と言う。

タイリースにキャロルの件を話そうとするリックとダリル。しかしタイリースは二人に腹を裂かれたウサギを見せ、「カレンたちの件はサイコパスの仕業だ 」と言う。リックが本当のことを話そうとしたその時、爆音が鳴り響く。

フェンスの外ではガバナーが仲間たちを引き連れて来ていた。捕えたハーシェルとミショーンを見せ、日没までに出て行けと要求する。リックは子供や病人がいると言うが、聞く耳を持たないガバナー。ダリルは仲間たちに武器を持たせ攻撃に備える。

リリーは川の向こうに現れたウォーカーを発見する。ウォーカーは川を渡ろうとするが流されてしまう。その時、メーガンが遊んでいた泥の中からウォーカーが現れ、メーガンに噛みつく。

リックに決断を迫るガバナー。リックは共存を提案し、断るなら戦って刑務所に誰も住めなくなると話す。業を煮やしたガバナーはミショーンの刀をハーシェルの首に当てる。今からでも仲間になれる、誰も傷つかないと説得するリック。 しかしガバナーは「ウソだ」と言い、ハーシェルの首を斬る。

撃ち合いの中、逃げようとするハーシェルを捕まえて首を斬り落とすガバナー。そこへリリーが息絶えたメーガンを抱えて現れる。ガバナーはメーガンにとどめを刺す。

戦車でフェンスを突破するガバナーたち。リックは隙を見てガバナーに襲い掛かり殴り合いになる。銃撃戦になり、刑務所のメンバーはそれぞれ応戦する。リックはガバナーに首を絞められるが、ミショーンの刀がガバナーの胸を貫く。 深手を負ったガバナーを放置しその場を去るミショーン。

苦しむガバナーの目の前に現れたリリー。震える手でガバナーに銃を向け、引き金を引く。

銃撃戦の音を聞きつけたウォーカーの大群が刑務所内へなだれ込む中、リックはカールと合流し、刑務所を後にする。


誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...
【シーズン4】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする