【TWD】ウォーキング・デッド【シーズン3】第15話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




ウォーキング・デッド【シーズン3】第15話

リックはガバナーにミショーンを引き渡すことを決断し、ハーシェルとダリルに相談する。渋々ながらも了承するダリル。しかしハーシェルは「我々らしくない」と呟きその場を去る。

リックは「もう一人必要だ」と言い、メルルのもとへ。手を貸して欲しいと頼むリックに、ガバナーに引き渡せばミショーンは拷問されるだろう、ずいぶん冷たい保安官だなと言うメルル。そして、噛み切れないようワイヤーで縛るよう助言しつつも、お前には出来ないと言い切る。


リックは仲間たちと作業するミショーンを見ていた。ミショーンのアイデアで動いていると聞かされたリックは複雑な表情をする。メルルに、自分たちの仲間になるのか?と問うキャロル。弟のためだと言うメルルに、ダリルは仲間だ、どちらにつくのか選択する時だと助言する。 ダリルはグレンに「メルルのことを許して欲しい」と頼むが、自分にした事は許すが、マギーにした事は許せないと言うグレン。

メルルのもとへ行きグレンたちにした事を責めるダリル。任務だった、みんな自分を悪魔扱いするが、結局生贄を差し出す、同じじゃないかと言うメルル。元の兄貴に戻れと言うダリルを追い出し、黒電話をカバンに入れる。

ハーシェルがマギー、ベスとお祈りをしている時、リックはミショーンを縛り上げるのに使えそうなワイヤーを確保していた。通路を見上げると、お腹が大きいローリの姿が。

ワイヤーを投げ捨てその場を去るリック。罪の意識に苛まれたハーシェルがリックを呼び止め「例の件だが」と言いかけるが、リックは「出来ない。やめた」と言う。

メルルはミショーンをおびき出し気絶させると、電話線で拘束し刑務所から連れ出す。二人がいなくなったことに気づいたリックは追いかけようとするが、ダリルが「ここに残って襲撃に備えろ」と言いメルルたちを探しに行く。

弟と一緒にいたいのだと言うメルル。こうすれば自分の行いも許されるかもしれないと言うメルルに、本当の極悪人は冷淡だ、何も感じないのだと言うミショーン。

グレンはハーシェルに、マギーと結婚したいと言う。快く了承し、「祝福する」と答えるハーシェル。

メルルは駐車してあった車のエンジンをかけるが、警報が鳴りだしてしまいウォーカーが集まってくる。なんとか警報を止め、車に乗り込む二人。自分は汚れ役だと言うメルルに、その腕なら頼られるはずだ、今がチャンスでは?と問うミショーン。まだ戻れると励ますが、メルルは突然車を停め、「お前は戻れ、俺はやることがある」と言いミショーンを車から降ろす。

一人でいるミショーンを見つけたダリル。「解放された」と聞くと、「誰もこさせるな」と言い残しメルルを追う。

メルルは音楽を流しウォーカーを引きつけながら車を走らせる。貯蔵倉庫に着くと、車から飛び降り建物に隠れる。ガバナーたちがウォーカーを始末している隙に建物内から狙い撃つが、 ウォーカーに襲われ建物を飛び出したところを見つかってしまう。ガバナーに指を食いちぎられるが、「好きにしろ、命乞いはしない」と言うメルルに、「だろうな」と言い銃を発射するガバナー。

グレンはウォーカーの指から取った指輪を渡してプロポーズをする。リックは仲間たちにミショーンの件を話し、隠していたことを謝罪する。そして、以前「俺に逆らうな」と言った事を取り消し、自分はガバナーじゃない、残って戦うにしても逃げるにしても全員一緒だ、決断しようと言う。リックが見張りをしていると、ミショーンが戻ってくる。

貯蔵倉庫に到着したダリルは、1体のウォーカーに目を留める。死体を食べていたのは転化したメルルだった。

何度もメルルにナイフを突き刺し、 その場で泣き崩れるダリル…。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...

【シーズン3】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする