【TWD】ウォーキング・デッド【シーズン1】第5話あらすじ&ネタバレ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

第1話 第2話 第3話

第4話 第5話 第6話
登場人物(ネタバレ注意)




ウォーキング・デッド【シーズン1】第5話あらすじ

武器とトランシーバーを取り戻したリックは、モーガン(最初に助けてくれた親子の父親)に向けて「アトランタへは行くな」と伝える。しかし、トランシーバーから応答はない。

冷たくなったエイミーから離れようとしないアンドレアを心配するローリたち。ウォーカーに変身する前になんとかしたいが、説得しようと近づいたリックに銃口を向けるアンドレア。

倒したウォーカーを焼却処理するダリルたち。ウォーカーに襲われて死んだ仲間も燃やそうとするが、「仲間は埋葬する」と涙ながらに訴えるグレン。そんな時、ジムの服に血がにじんでいるのを発見し問いただすと、ウォーカーに噛まれていたことが発覚する。

その場を動こうとしないアンドレアに話しかけるデール。人魚のネックレスをエイミーにかけてあげるアンドレア。

エドの亡骸は「自分の夫だから」とキャロルが処理する。エイミーが微かに動き、開いたその目は人間としての光を失っていた。アンドレアに襲い掛かりそうになり、仲間たちが助けに入ろうとしたその時、アンドレアは「愛してる」とエイミーの頭を撃ちぬく。

シェーンはリックを「市内に行ったのは間違いだった」と責める。 死んだ仲間を埋葬した後、リックはローリにどう思っているか聞くと、「どちらも正しい」とローリ。

ウォーカーに噛まれたジムは熱が上がり危険な状態に。「助けたい」と言うリックに、「ボートを頼む」とジム。(いざとなったら殺して欲しいという意味?)

シェーンはリックと見回りへ行き、「CDCへ向かうのは間違っている」と説得するが、リックの意志は固い。物音がして辺りを警戒する二人。銃でリックを狙うシェーン。我に返って銃をおろした時、自分を見ているデールに気づく。シェーンの行動を訝しむデール。仲間のところへ戻ると、CDCを目指そうとシェーンが言いだす。


冒頭のシーンへ繋がり、トランシーバーでモーガンへ語りかけるリック。モラレス一家は親戚のところへ行きたいと言い、リックたちと別れる。

CDCへ向かう途中、車の故障で止まったリックたち。ジムの容体が悪化し、「ここで降りる」とリックに伝えるジム。道路脇の木陰に腰を下ろしたジムは、仲間たちと別れの挨拶を交わし、眩しそうに空を見上げる。

CDCの施設内、防護服を着た一人の男性が何かの研究をしている。誤ってサンプルを倒してしまい、部屋が汚染されたことで焼却処理をされてしまう。「TS19が破壊された」とやけになる男性。そこへリックたちが到着する。モニターに映し出されたリックたちに、歓迎をしていない様子の男性。

誰もいない、諦めようと言うシェーンに、リックは誰かいるはずだと譲らない。「助けてくれ」と叫び続けるリック。諦めかけてその場を離れようとしたその時、シャッターが開きリックたちはまばゆい光に包まれた…


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓おすすめ記事↓

【hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 ...