某キュレーションサイトで記事執筆をした話

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




とりあえずi〇moとW〇LQじゃないよ

ここの更新が滞った理由のひとつがクラウドワークスで受注したお仕事が忙しかったからなんですが、いくつか請け負ったなかのひとつがキュレーションサイトの記事作成でした。

こんな仕事をしておいて嘘だろって言われそうですが、上記の仕事を受けるまでキュレーションサイトというものの存在をまったく知りませんでした\(^o^)/

最初に仕事の詳細をSkypeで説明されたんですけど、担当さんから「WELQとかiemo出身のライターさんも多いんですよ」と言われて「すいません、どっちも知りません」と言ったら絶句してましたね^^;

いまさら構成の大切さを知る

私が携わったキュレーションサイトはタイトルや見出しなど、ある程度内容が記載されている構成がすでにありまして、それに沿って記事を執筆していくという流れでした。

ほかもだいたい同じなんでしょうか?今までは自分でキーワードを決めてブログ記事を書いたり、大まかに「婚活について執筆してください」といった指示を受けて書いたりがほとんどだったので、最初はマニュアルを1ページずつ確認しながら執筆するのが大変でした。

でも、構成にはキーワードや関連するサジェストなどがあらかじめ見出しやタイトルに入っているし、ストーリーも出来上がっているので慣れてしまえば楽でしたね^^

担当者の的確なブラッシュアップ

記事が完成したらチェック担当に提出するんですが、ほぼ修正依頼で戻ってきました。それまでブログレベルの執筆しか経験がなかったので、文章の書き方が全然できていなかったんだと気づかされました。

  • 漢字を使いすぎない
  • 丁寧すぎる言葉はNG
  • 適度な改行を入れる

など、ライターであれば基本中の基本なポイントもたくさん指摘されました。

最初は厳しいな~と落ち込みましたが、しっかりとフィードバックしてもらったおかげでそこそこスキルアップでき、結果的にはいい経験になりましたね^^

SEOの勉強にもなる

今まではそこまでSEOについて考えて執筆していませんでしたが、キュレーションサイトに携わったおかげで「もっと勉強しなくちゃ!」といい刺激になりました。

自分でも「もっといい記事が書けるようになりたい!」という欲が湧いてきて、SEOについて呟いている方のTwitterアカウントをフォローしたり、kindleで書籍を購入しては大事そうなポイントを( ..)φメモメモ…したりと、ようやくここにきて初めてライターとして頑張ってみよう!と思った気がします(遅ッ)

一番大切なのはリサーチ

これはネットで情報発信をしているなら当たり前のことですが、とにかくリサーチをしっかりしないとダメなんだと痛感しました。

もちろん構成を作る人もリサーチにリサーチを重ねて作っていたと思いますが、商品情報が古かったり「これって違うかも…?」なんてちょっとしたミスもあったりで、ライター側でもちゃんと調べないと!と時間をかけて執筆作業をしていましたね。

あと、たま~に公式や他サイトからのコピペ情報が構成依頼書に含まれていたこともあったので、『これヤバいんじゃ…?』と思うこともありました^^;

もちろん「コピペは厳禁!」とマニュアルにもしっかりと記載されていたし、執筆後に担当者がコピペチェックをして、問題ない記事のみ校了にしていたみたいなんで、おそらくいま公開されている記事は大丈夫だと思うんですけどね~w

好きなように書けないことがストレスに

ここでは自分の言葉で好きなように執筆できますが、キュレーションサイトではだいたい同じレベルの記事にしないといけないので、言葉使いや考え方など思った通りに書けないところがだんだんストレスになってきまして。

私が仕事を続けるべきか悩み始めたのと同時期にライターを大量に採用したようで、興味のあるキーワードがほとんどなくなってしまい、月に2記事書けるかどうかまで減ってしまいました。

ちょうどいいやと「契約終了したい」と担当チェッカーさんにお伝えしたところ、「了解ですー!お疲れ様でした!」とあっさり承諾。

引き止めて欲しかったわけじゃないけど、「残念です~><」くらいの一言はあってもよかったんじゃないかなぁ(笑)

というわけで、キュレーションサイトでの執筆は5か月くらいで終了し、今はまた別のお仕事をクラウドワークスで請け負って頑張っています♪

まとめ

今まではライターという認識はなくて、自分では「ブログをやってるただのオバサン」だと思っていたんですけど(笑)今回のお仕事を通して「ライターやってます」って言ってみたいなぁと思うようになりました^^

まだまだ胸を張って名乗れるようなレベルではありませんが、もっとスキルアップして面白くてタメになる記事が書けるように、日々努力していく所存です♪