中学生の娘に『オレンズネロ』を買わされた…

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加




オレンズネロとは

簡単に言うと、

メチャクチャ高いシャーペンです。

Amazon・楽天で検索したところ、だいたい3,900円前後ですかね。

高いでしょ?

もちろん、母(私)は買う気なんてミジンコほどもありませんでした。

オレンズネロの特徴

娘いわく、「絶対に芯が折れないシャーペン」なんだそうです。

母は『”絶対”と”幽霊”だけは信じない』と決めているので、正直いまだに信じておりません。

でも娘の言う通り公式ページには

芯の減り具合に合わせて先端のパイプがスライドして芯を守りながら書き進められるから、どんなに極細な芯でも折れない

と書いてありました。

買わないと告げた翌日、事態は急変

とはいえ、シャーペンに3,900円なんて、どこのセレブだよって感じじゃないですか?w

基本的に学校で使うものや勉強に必要なものはよほど高額なものでなければOKと決めていまして、娘から「欲しいシャーペンがあるんだけど」と言われた時には「学校で使うなら買ってあげよう」と思っていました。ところが、

娘「ちょっと高いんだけど」

母「(っていってもシャーペンだしな)いくらくらい?」

娘「…さんぜんえん?」

母「…はい?ん?え?シャーペンだよね?」

娘「うん。」

(スマホで調べる)

母「いやいや!三千円超えてんじゃん!!」

この瞬間、オレンズネロは私の中で「よほど高額なもの」に分類されましたので、「これは必要ない」と却下しました。

諦めきれない娘がとった行動は

娘には私以外にも保護者がおりまして。

一般的には「父親」と呼ばれるジャンルですね。

私にあっさり断られた娘は、「父親」にすり寄ったのです。

娘「ちょっと文房具見に行きたいんだけど」

父「いいよ~」

(文房具コーナーにて)

娘「これ欲しいんだけど」

(そこで初めて値段を見る)

父「嘘でしょ」

だよね。その反応正解。

母「そんな高いのダメ!学校持ってって盗まれたらどうすんの?」

娘「家で使うよ」

母「んじゃいらねえだろ」

娘「えー、勉強頑張るからー」

(…思案中…)

母「じゃあ次のテストで成績上がったら買ってやろう」

娘「えー(悩む)わかったー」

この間、ウロウロしながら商品を眺めていた父。

もうずいぶんと長く一緒に暮らしているもんで、この時点で嫌な予感がしておりました。

次の日。。。

夕方、夫からLINEが。

『ちょっと買い物してから帰ります』

母、嫌な予感がMAX。

でもな…まさかな…

さすがに買ってこないだろうな…

(帰宅)

父「これ…子どもの日のプレゼント」

買ってきたーーーー!!!

( ;∀;)

ホント、男親って娘に弱いよね~~(笑)

実際の使いごこち

買っちゃったものはしょうがないので、とりあえずちょっと持たせてもらいました。

ほどよく重みがあって確かに使いやすそう(^^♪

オタクな娘は絵を描くのにも使うからと0.2mmをチョイスしましたが、かなり細くて「本当に折れないの~?」とやっぱり半信半疑です。

あれから1か月くらい経って、娘にどんな感じか聞いてみたところ、

「芯はまだ折れてないよ」

との事でした。

買って良かった…とは正直まだ思ってないですが(笑)、毎日シャーペン使う人にはいいかもしれませんね^^;

ちなみに楽天だと3,240円で売ってるお店もありましたよ😋

気になる方はチェックしてみてね♡笑








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする